美容だけでなく、健康、皮膚科医による医療行為、生活の質(クオリティオブライフ=QOL)の保全など幅広い捉え方があり、既にネイルケアは確立された分野となっているようだ。
寝る時間が短すぎると皮膚にどういう悪影響を与えてしまうのでしょうか?その答えのひとつは皮膚のターンオーバー(新陳代謝)が乱れること。
正常なら28日単位である肌の生まれ変わる周期が遅れます。

メイクの利点:自分の顔立ちがちょっとだけ好きになれる。
顔に点在している面皰・くすみ・毛穴・ソバカス・傷を隠せる。
時間をかけて魅力が増してくるワクワク感。
肌のハリの源であるコラーゲンは、有害な紫外線をもろに浴びてしまったり乱暴なマッサージなどによる刺激を与えられたり、精神的なストレスが少しずつ積み重なったりすることで、破壊され、最終的には製造することが困難になっていくのです。

思春期ではないのに発現する難治性の“大人ニキビ”の患者が多くなっている。
10年もの間こうした大人ニキビに苦痛を感じ続けている方々が当院に救いを求めてやってくる。
頬など顔のたるみは老けて見られてしまう主因。
皮膚の弾力や表情筋のゆるみが弛みにつながりますが、それに加えて毎日おこなっているささいな仕草も誘因になります。

美容外科(plastic surgery)とは、正しくは外科学の中の一分野で、医療としての形成外科(plastic surgery、plastic…形を作るの意)とは違っている。
また、整形外科学(orthopedic surgery)とも間違われがちだがこれはまったく分野違いである。